カテゴリー「ツール」の6件の記事

2012/07/29

ダウンロード不要 オンラインで使える画像編集ツール

画像編集ソフトはたくさんありますが、PCに直接ダウンロードするものだけではなくオンラインで気軽に使えるものもたくさんあります。

以下、検索して上位に来ていたものをいくつかご紹介します。

PHOTOX
加工の種類が上部のタブでまとまっているし、数値の設定もスライドバーで動かすだけなので簡単に使えます。
ただ、アップロードした画像の表示サイズが変えられない(変え方が判らないだけかも)ので、大きなサイズを編集する場合画像が画面からはみ出してしまうのがちょっと使いづらかったです。

NAVERフォトエディター
すっきりしたデザインで画面が広く取ってあって使いやすいです。
モザイクも簡単に入れられます。
レイヤー使用可。

Pixlr
ダウンロードソフトと同じくらい多機能。
ブラシの種類がとにかく豊富。
基本のものに追加したり、自作したりすることも出来ます。
イラストのような形のものもたくさんあるので、スタンプとして使うことも出来ます。
レイヤー使用可。

iPiccy
処理する項目ごとに「Editor」「Effects」「Text」「Painter」とタブが分かれていてわかりやすいです。
いろんな編集が出来ますが、特に「Effects」にはほかではあまり見ないような種類の効果があって楽しい。

sumopaint
個人的にこのサイトにある「Symmetry Tool」が大好きです!
自動的に点対称の絵(図形)を作成出来るツールです。
適当に画面をグルグルするだけでちょっと変わった図形が出来てきます。
こんな感じ↓

sumo_symmetrytool
出来上がった絵(模様)も面白いのですが、むしろ描いている途中自分のマウスがないところにひとりでに線が伸びていくのを見るのが楽しかったです。
これをやっていたら昔夜店で売っていた「スピログラフ」(プラスチックの歯車みたいなのに穴が複数開いていて、そこにペン先を差してぐるぐる回すと花模様が描ける道具)を思い出しました。
(スピログラフって名前は今検索したんですけどねw)

あと、機能を特化したサイトなら、
FC2画像縮小
画像のサイズ(大きさ、容量)の縮小専用です。
幅のみ指定(縦横比保持)、あるいは幅と高さを指定するだけで簡単に画像のサイズを変更できます。
難しい操作は一切無いので単純に「サイズを小さくしたい」「容量を減らしたい」という場合に便利です。

JPEGmini
画像を殆ど劣化させずに容量を3分の1くらいに減らすことが出来ます。
画像の大きさを変えずに容量だけ減らしたい場合にどうぞ。

などなど。
まだまだたくさんあります。
(「オンライン 画像編集」で検索してみてください)
サイトによって使える効果の種類や画面構成などそれぞれ特徴があるので、処理内容に合わせて選んでみてください。

※以前メインブログに書いた同名の記事を編集、流用しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/11

ブログ便利ツール:ブログ投稿支援ソフト

ブログの記事を書いていて、「(管理画面の)本文欄がもっと広かったらなあ」と思ったことありませんか?
私はここでも、メインのブログでも大抵の場合長文をダラダラ書いてそれを何度も推敲して仕上げるタイプなので、 あの大きさの記入欄では狭すぎて非常に使いにくいのです。
テキストだけの記事だったらテキスト・エディター(「メモ帳」とか)を使う、という手もありますが、リンクを貼ったり、画像を挿入したりしたい場合は同時に作業が出来ないのでそれも面倒。
また、ようやく書き上げて「さあ、投稿しよう!」とボタンを押したはいいけれど何故かエラーが出てしまい、慌てて前の画面に戻ったけれど書き上げた記事は全て消えていた…という経験をしたことがある人もいるのでは。
時間を掛けて丁寧に書いた記事でこれが発生するとかなりやる気がなくなりますよね。

ブログ投稿時にありがちなそんな悩みを解消してくれるのが『ブログ投稿支援ソフト』です。
「ブログ投稿」に特化した様々な機能を持ち、その中で作成した記事を自分のブログに投稿するのが主な機能です。

このソフトを利用することで上記に挙げた

  • 広い画面で記事が書ける
  • ブログ側のサーバーエラーによって投稿できなかった場合の記事の消失を防げる

などの他に

  • 複数のブログIDの管理が一つのソフトで完結出来る
  • ローカルへのログの保存が記事投稿と同じタイミングで出来る
  • 実際に使っているブログサービス以上のテキストや画像の装飾が簡単に出来る(利用するソフトによって差があります)

などの利点があります。

現在はいろいろなソフトが出ていますので、「投稿画面が使いにくいな~」と思ったことのある方は一度使ってみては如何でしょうか。
以下、私が知っているものをいくつかご紹介します。
(全て無料で入手出来るものです)

ubicast blogger

今、この記事を書いているのがこのソフトです。
記述欄の画面イメージはこんな感じ↓。

ubicast_blogger


とにかく記事の記入欄が画面いっぱいに広く取れるのが気に入ってます。
画像は保存してあるフォルダーからドラッグ&ドロップで簡単に挿入出来ますし、よく使う言葉やタグを「定型句」として設定してメニューから簡単に呼び出す機能もあります。
また過去に投稿した記事もソフト導入前に遡って取得可能です。

CSSの反映などがプレビュー出来ないことと、記事内のHTMLタグの編集を外部ソフト (私の場合はメモ帳)で開かなければならないのがちょっと不満なのですが、概ね使い易いです。
特にMSWord(ワード)などを使い慣れている人だったら、簡単に操作出来るのではないでしょうか。

Windows Live Writer

こちらも現在利用中。
ココログプラスの記事を投稿するときに使っています。
本当は機能的にこちらの方が気に入っているのでフリーもこちらを使いたいのですが、フリー版のID登録は出来るのに何故かカテゴリーが取得出来ないのです(T_T)
※一旦アカウントを削除して再登録したら無事に取得出来ました。フリーでも問題なしです。
(それ以外の投稿などは問題なく出来ます)

このソフトの特徴は、利用しているブログのCSS情報を取得して(させて)そのイメージ通りの画面で記事の作成が出来る点です。
例えば昨日投稿した記事の作成画面はこんな感じ↓。

windows_live_writer


背景色、記事欄の枠、引用部分などのCSSがちゃんと表示されています。
それから、画像の挿入が「ubicast blogger」以上に簡単で、例えば上記のようなPrintScreenだったら 「ubicast blogger」は一旦何らかの画像ソフトに落としてgifなりjpegなりで保存する必要がありますが、このソフトはprint screenボタンを押した後、そのまま「貼り付け」で挿入出来てしまうのです。
これは便利!
更にその画像の装飾も「影付き」や「枠+影付き」をボタン一つで設定できます。
また画面表示を「Normal」「Web Layout」「Web Preview」「HTML code」の4つのパターンから選択出来てHTMLの編集からプレビューまで同じソフトの中で完結出来るのも便利です。
(上記画面は「Web Layout」)

まだ英語バージョンしか公開されていない(でも操作は特に難しくはないです)、利用開始前の過去ログの取得が出来ない(多分)などいくつかマイナスポイントもありますが、私はかなり便利に使っています。

プラス版のブログでもうちょっと詳しい紹介記事(画像入り)を書いていますので、 興味があったら読んでみて下さい。
「Windows Live Writer(β版)」を使ってみる

【'07/06/02追記】
5/31に日本語バージョンがリリースされました!
マイクロソフト社のニュースリリース
英語版より機能が追加され、インターフェイスも洗練されて更に使い易くなりました。
オススメです!
ダウンロードページ

xfy Blog Editor(エクスファイ・ブログ・エディタ)

「ATOK」や「一太郎」を出している「ジャストシステム (JUSTSYSTEM)」製のソフトです。
先日ダウンロードしてみましたが、使い勝手が今ひとつだったのでその後全く使っていません^^;
機能はかなり多いようなので使いこなせれば便利になるのでは…。

プラス版ので使用した感想を書いてますので参考にして下さい。
ジャストシステムのブログ編集・ 管理ソフト「xfy Blog Editor」をダウンロードしてみた

feedpath

この「feedpath」はブラウザ上で利用できるサービスです。
上記で紹介したダウンロードソフトと同様複数のブログ投稿管理が出来ます。

このサービスで特徴的なのは、記事の投稿画面(テンプレート)に色々なパターンがあること。
例えば、「本」用の投稿画面はこんな感じ↓。

feedpath

本の感想を書く上で必要な項目が予め設定されているのです。
この項目は自分で入力することも可能ですが画面上部の「アフィリエイト:商品選択」ボタンを押して登録してあるサイトから該当の商品を選べばそこに記載されている項目が(画像も含め)自動的に入力されるようになっています。
自分でテンプレートを作ることも出来るようなので、ある程度決まったフォームで投稿することが多い場合に便利だと思います。

ここまでは自分で実際に利用したものでしたが、以下は利用経験がありませんのでご紹介のみです。

BlogWrite
ecto
blogeet
簡単ウェブログ投稿アシスト
Qumana

『ブラウザの中でデザインなどの各種設定から、記事の作成・投稿まで完結出来る』というのがブログの一番の特徴なのに、投稿するためにダウンロードソフトを使うのは流れに逆行している気もしますが、「自分が便利で使い易い」のも長く続けるコツだと思います。
自分に合ったツールがあったら試してみてはいかがでしょうか。


 

*この記事にコメントを書く*


| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006/06/19

ブログ便利ツール:ブログ専用検索サイト

今回は「ブログ専用検索サイト」のご紹介です。 

一般的なサイトも含めた検索には 「Google」「Yahoo!」が便利ですが、 対象をブログに絞って検索するならブログ専用の検索サイトを利用するのが効率的です。
各ブログの更新pingを拾ってデータを表示するため、公開設定してあるブログなら公開した5分後にはその記事が検索出来る場合もあります。
また、同じWeb上のブログデータを元にしているのにそのサービスによって微妙に結果が違ってくるし、 ただ検索するだけでなくプラスαの機能が付いているところが多く面白いのでかなりの数をブックマークしてあります。

そんな中からいくつかご紹介します。

■ココログル

ココログ専用に個人の方が開発された検索サイトです。
最近はあまり使わなくなりましたが、ココログを始めた当初はかなり頻繁にお世話になりました。
ディレクトリ内のRSSが更新されなくなってしまったのが残念です。

※残念ながら'06年7月をもってサービスが停止されました。開発者様、 管理者様、今までありがとうございました。
※ココログのURLを携帯閲覧用に変換してくれるサービス「ココモブ」だけは引き続き利用出来ます。

■ココログ記事検索【'06/11/07追記】

'06年10月23日にココログ公式の記事検索機能が出来ました。
ココログのトップページ、 またはココフラッシュのサイドバーに表示されています。

ココログ全文検索β版

正式版に昇格する日が来るのかどうかは謎ですが(笑)、 一応ココログの公式検索ページです。
精度はどうなんでしょうか?私は殆ど使いません^^;

ask.jpブログ検索(β版)

エントリーされてから検索に載るまでがかなり早いので、 「今やってたTV番組の詳細や評判が知りたい!」なんてときに使い易いです。
「Bloglines」 と提携しているので、「Bloglines」のアカウントを持っていればクリック一つで検索結果のブログのRSSが登録出来ます。
検索結果を「ブログ全体」「画像あり」「Podcast有り」で絞り込みすることができます。

Blog Watcher

東京工業大学奥村研究室で開発された検索エンジン。
検索ワードがいつ、どのくらい話題になったかがグラフ化されて表示される機能や、その話題がブログ上でどんな書かれ方をしているか判定する 「評判情報」という機能もあります。
久しぶりに見に行ったらVer.3.0が公開されたとのことで、以前とインターフェイスが随分変わっていました。
検索精度はよくなったような気がしますが、結果の表示文字が小さいので文字の大きさは「中」 以上でないと見えにくいと思います^^;
通常のHtmlからRSS Feedを作ってくれる 「なんでもRSS」 も使えます。

Bulkfeeds:

検索結果のページのRSSを作成してくれるので、 これをRSSリーダーに登録しておけばキーワードの新着情報が確認可能です。
それと、URLを入力して検索するとSPAMかどうか判定してくれる「ブラックリスト」(β版)という機能があります。

Google Blog Search(β版)

言わずと知れたGoogleのブログ専用サーチエンジンです。
日本語版ではありませんが、日本語でも検索は可能です。
但し、人名など漢字ばかりの検索語を入れると漢字ばかりで書かれた(中国の?)ブログがたくさんヒットしてしまうので注意が必要かも。
更新はあまり早くないような気がします…。
【'06/11/07追記】
日本語版もリリースされました。→Googleブログ検索

Kizasi.jp

検索エンジンというよりも、ブログで話題になっているキーワードを項目毎に収集・ 解析してトップ10を表示してくれるサービスです。
今、何が話題になっているかチェックするのに便利です。

Mars Flag ブログ検索

検索した結果のページを、 文章だけでなくサイトの画像付きで表示してくれる「Mars Flag」 検索のブログ版です。
こちらもしばらく利用していなくて久々に開いたら、随分画面表示が変わっていました。
以前は画像が横にズラズラ出てきていたのでポップアップされると見難くて邪魔だったのですが、 現在は検索結果が縦方向だけになって表示もスッキリしたので非常に見易くなったと思います。
検索キーワード入力欄の下の「最新ブログ一覧」をクリックすれば、更新されたブログが延々と見られます(笑)

Spee Nee

非常にシンプルで、記事収集が早い検索エンジンです。
この素っ気ないまでのシンプルさがけっこう好きです(笑)
ここも検索結果のRSSが取得可能。
私の場合、「Ask.jp」のRSSだと何故かRSSリーダーに上手く登録できないことがあるので、ここのを使うことが多いです。

テクノラティ

検索機能の他に「今、最も検索されている話題」が表示されているので、 ブログ界で何が語られているのか知ることが出来ます。
検索結果のブログにいくつのリンクが貼られているかが表示されて(そのブログの「信頼性」を示唆している、とのこと)、 そのリンク先もたどれるようになっています。
メンバー登録すると更に「ウォッチリスト」などの機能が使えるようになるとのこと。
ただ、個人的な感想としては検索ワードがどんな文脈の中で書かれているのかも知りたいので、 その部分がハイライトか太字になっていて欲しいなあ、と思います。

Livedoorブログ検索

Livedoorのブログ検索エンジン。
以前はよく使っていましたが、最近は…^^;
なんだか余計なものまで検索されすぎると思います。

アクセラナビ

検索を「ブログサービスごと」と「期間指定」に絞り込み出来ます。
ただ、検索エンジンとしては少々重すぎるような気がします…。
検索には関係ないけど、Faviconのイラストが可愛いです♪

Yahoo!ブログ検索(β版)

Yahooのブログ自体はあまりいい噂を聞きませんが^^;、 この検索エンジンはけっこう使えると思います。
検索スピードが速いし、結果の表示画面もスッキリしていて見易いです。
更に、検索ワードの注目度のグラフが表示されたり、期間の絞り込みも可能。

gooブログ検索

ここも検索結果の表示が見易いのでよく使います。
項目もかなり絞り込めるので、ピンポイントの捜し物をするときに便利かなと思います。

NAMAAN

この検索エンジンで面白いのは、 検索結果の表示にそのブログのサービスサイトのロゴが表示されるところ…かな(笑)
ここでも「注目のキーワード」が見られます。

Blog(ブログ)のクチコミポータル話題の.jp

ここも検索よりもその名の通り「今、話題になっているのは何か」 をランキング表示してくれるのがメインです。
一番の特徴はランキング結果や話題になっている記事へのリンクを自分のブログに貼るためのタグを作ってくれるところ。
私も以前、メインブログの記事に貼ったことがありますが表示方法がキレイなので、記事の見栄えがよくなって気に入っています。
ただ、普通は画像をクリックしたらその画像のページに飛ぶと思うのですが、そうではなくて「話題の.jp」 内の該当ページに飛ぶというのがちょっと判りにくいかも。
ちなみに、今一番人気の「映画:DeathNote」を貼り付けるとこんな↓感じです。

(画像のページへは、画像横の文字リンクからジャンプします)

以上です。
他にもいろいろあると思いますので、自分で使い易い検索サイトを見つけて活用して下さい。

こんなブログもあります。
ブログ検索エンジン比較の無料サイト


※この記事は、以前メインブログに投稿したものを加筆・ 修正したものです。


*この記事にコメントを書く*


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/28

ブログ便利ツール:「Click Track」

昨日「ACR WEB」 さんのカウンター設置方法の記事を書いたので、その流れで今日は同じ 「ACR WEB」さん提供の 「Click Track」 というツールをご紹介します。

このツールはアクセス解析の一種で、閲覧者が訪問ページ内のリンクをクリックして移動した場合どこをクリックしたのかをカウントしてくれるサービスです。
通常のアクセス解析では自分のサイトに「どこから来たか」(リファラー=referrer) は判りますが「どこに出ていったのか」まで教えてくれる解析はあまりないので、このツールは閲覧者の移動の傾向やリンクの有効性を見る上でかなり興味深いデータを提供してくれると思います。

ちなみに、今日の当ブログのトップページの解析結果はこんな感じ↓でした。

click_track


但し、確認できるのは「件数」のみで通常のアクセス解析の「生ログ」のようなデータ(訪問時間、ホスト名、ブラウザ情報など)は取得できませんので念のため。
※例えばある特定の訪問者の足跡を追うようなことは出来ません。

設置方法は以下の通りです。

手順

事前準備1:ACR IDを取得する

利用には事前に「ACR ID」を取得する必要があります。
取得方法は
「第31回:現在の閲覧者数を表示するカウンターを設置してみよう」
にて詳しく説明していますので、こちらの記事を参照して下さい。

事前準備2:アクセス解析用のタグを入手する

  1. 「ACR WEB」トップページ→「ACR ID管理画面」
  2. ログイン画面にて「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「ログイン」ボタンを押す。
  3. 「ACR ID管理画面」のトップページが表示されるので、その中の『Click Track』のリンクをクリックする。
  4. 表示された『Click Track』紹介ページ内の『Click Trackの新規レンタル』をクリックする。
  5. 登録画面が表示されるので
    「希望するユーザーID」(半角英数8文字以内の任意の文字列)
    「カテゴリー」(設置するブログのカテゴリー)
    を入力して『規約に同意して登録する』ボタンをクリックする。
  6. 表示された「登録完了」画面内の『CGIの管理』をクリックする。
    「環境設定(一般)」にて、
    <サイトのPV(表示回数)を 記録する/記録しない>
    のどちらかを選択する。
    どちらを選択するかで、 利用の必須条件であるサイトの広告バナーの大きさが変わってきます
    (バナーについての説明は同じページの画面下方「表示バナーについて」でご確認下さい。)
    ※通常、「記録する」になっていますので、そのままでいいなら何もせずに下の「タグの取得」に進みます。
    「記録しない」に変更した場合は、「送信する」 ボタンを押してから下に進んでください。
  7. 「タグの取得」部分に表示されたタグを全てコピーする。

サイドバーに設置する

マイリストを使って、上記のスクリプトをサイドバーに設置します。
マイリストの作成からサイドバーの設置についての詳細は別ページ、
「基本2: マイリストの作成→サイドバーへの設置」
にて確認して下さい。

設置は以上で完了です。

解析結果については「管理画面」の『解析結果閲覧』のリンクをクリックすると閲覧することが出来ます。

ここがポイント

  • このツールはスクリプトを設置した場所に自動的に上記で説明した「サイトの宣伝用バナー」が表示されますので、 それも考慮に入れて設置場所を考えた方がいいかもしれません。
    ちなみに私は左サイドバーの「素材&ツール」の中に表示しています。(上から4番目)

お世話になりました

「ACR WEB」さん
■素材サイト 「PRISM」様<記事内のボタン素材>


*この記事にコメントを書く*


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/09

ブログ便利ツール:「Track Word」

便利ツールご紹介企画 第2弾。今回は「Track Word」をご紹介します。

「Track Word」は自分のブログ内のどのページがどんな言葉(キーワード)で検索されたかを通知、表示してくれるツール (サービス)です。
提供元はサイドフィード株式会社さんです。

「トラックワード」では、ブロガーの方が「どのようなキーワードで検索されるべきか」 について考え、また検索する方が「どのようなキーワードで検索したら最適な結果を得られるか」 について知ることができるようにしたいと考えています。
(中略)
どんなブログがどんなキーワードで検索されていて、このキーワードに続けるべきキーワードは何か、 という情報をまとめて表示することができれば、きっと「検索する人」の役にも立つと思うのです。
「Track Word」『サービス概要』ページより引用)

どんなことが出来るかは上記の『サービス概要』ページを読んでいただければ判るかと思いますが、簡単に言ってしまうと 「アクセス解析から<検索ワード><検索フレーズ>情報のみを抽出して分かり易く表示してくれるサービス」 といったところでしょうか。
自分のブログのどのページがどんなキーワードで検索されたのかが視覚的に分かり易く表示される仕組みになっているので、その結果を見ながら内容を書き換えたりキーワードを追加することによって更なるアクセスアップを図ることが出来るかと思います。

…なんて、偉そうに言ってますが、私の場合単に結果を眺めて楽しんでるだけですが^^;
ただ、「サービス概要」ページにも書いてあるように、この「Track Word」に参加しているブログのみを対象にして、キーワード (フレーズ)ごとに参照数のランキングが表示されていたりするので、そこからのアクセスもかなり期待できますし、検索機能もついていますので自分で検索する場合もどのブログが多く参照されているかすぐに判って目的の情報を見つけやすいシステムだと思います。

以下、簡単に登録、設置方法の説明を書いておきます。

手順

登録方法

  1. トップページから「新規登録する」をクリック。
  2. 「新規登録」画面が開くので、必要事項を入力し「以上の内容で新規登録する」ボタンを押す。
  3. 登録が承認されると「新規登録の完了」画面が表示される。
    ※同時に登録の連絡メールも送信されて来ます。

以上で登録は完了です。

ブログに表示する

情報収集には収集用のスクリプトの設置とともに、ブログへのバナーの貼り付けが必須となります。
また、このバナーの下に検索されたキーワードが表示されるようになります。

  1. 「新規登録の完了」画面にある「ログインする」リンクをクリックする。
  2. 登録の際に申請した「ログインID」「パスワード」でログインする。
  3. 「設置方法」に表示してある、「HTMLコード」(縦表示と横表示がありますのでどちらか)を全文コピーして、「マイリスト」 (メモリストのメモ欄など)に貼り付ける。
  4. ブログに表示されるように設定する。
    ※ココログでの表示設定については
    「基本2: マイリストの作成→サイドバーへの設置」
    を参照してください。

RSSリーダーに登録する

RSSリーダーにRSSを登録しておくと、検索サイトを通じてアクセスがある度にRSSリーダーに通知が来るようになります。

  1. 「ログイン」画面の「お知らせ」にある『RSS2.0』のバナーの上で右クリックし、「ショートカットのコピー」を選択する。
  2. コピーされたRSSを自分で使っている「RSSリーダー」に追加する。

track_word

RSSリーダーには左記のように通知されます。
(表示はRSSリーダーの種類によって異なります)


以上です。
全て無料で利用できますので、ブログのアクセスアップにデータを活用してみては如何でしょうか。


*この記事にコメントを書く*


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/03/19

ブログ便利ツール:「RSSリーダー」利用のススメ

カスタマイズネタが底をついてきたので(笑)、ちょっと新しいシリーズを始めてみました。
ブログを活用するための便利なツールをご紹介したいと思います。

今回は「RSSリーダー」をご紹介。

お気に入りのブログを読むとき、何を使っていますか?
ブラウザの「お気に入り(ブックマーク)」に入れておいてチェックするという手もありますが、これでは更新状況が判らないため同じところへ何度も足を運んでしまったりします。
1~2箇所ならいいですが、登録数が増えてくると確認に行くだけでも大変です。

そこでRSSリーダーの登場です。

■「RSSリーダー」とは

Webサイトを巡回してRSS形式の更新情報を受信し、リンク一覧の形で表示するソフトウェア。
RSS(Rich Site Summary)はXMLベースの書式の一種で、Webサイトの更新情報を記述するのに用いられる。 ウェブログやニュースサイトなどニュース性の高いサイトでは、RSSによる更新情報の提供を行なっているものが多い。
指定したサイトのRSS情報を一定時間ごとに自動的にダウンロードし、 更新があると記事へのリンクを表示してユーザに知らせるソフトがRSSリーダである。 リンクをクリックするとWebブラウザのウィンドウが開いて目的の記事が表示される。
「IT用語辞典e-Words」より引用

つまりRSSリーダーとは「自分の代わりにお気に入りブログの更新チェックをしてくれるソフト」と言うことです。
これを使えば、相手先の更新状況が一目で判るため、更新されたかどうか確認に行く手間が省けます。
※但し、コメントが追加されたかどうかの確認は出来ません。

現在、RSSリーダーには大きく分けて自分のPCにインストールして使う「インストールタイプ」と、インターネット上のサービスを利用する「オンラインタイプ」があります。
それぞれの特徴やメリット・デメリットについては下記サイトの記事を参照してみて下さい。

All About『「RSSリーダー」で情報収集の効率アップ!』

私は今までに

などを使ってきましたが、現在は

  • インストールタイプ
    「Sleipnir」 (ブラウザへのプラグイン)
  • オンラインタイプ
    「My nifty」
    ※「My nifty」はnifty会員専用サービスです。

の併用に落ち着いています。

インストールタイプには気になるブログをカテゴリー別にどんどん登録して、その中で特にお気に入りで外出先(と言うか「会社」(笑)) でも更新をチェックしたいというものだけオンラインタイプにも登録している、という使い方をしています。

いろいろなサービスがありますし、それぞれ使い勝手やインターフェイスも違います。
殆どの場合、簡単な利用登録をすれば無料で使えますのでいくつか試してみてはいかがでしょうか。

<参考サイト>
「RSSナビ」


*この記事にコメントを書く*


HOT ARTICLE Ranking

株式会社スイム

| | コメント (6) | トラックバック (1)